の最近のブログ記事

あおいくま

| コメント(2)

 20120318 014.JPG

コロッケさんのコンサートを拝見させてもらった。
ものすごく感動した。
モノマネのお笑いだけかと思いきや、人を感動させるとてもいい話もあり、笑いと涙と鼻水が止まらなかった。
パフォーマンスはさすがにプロフェッショナルだ、本当に瞬きするのがもったいない位に次から次へと人の笑いの壺を押し続ける。
一つの芸を一年練習し、磨きをかけて披露するそうだ。実はとても緻密で努力家ですごい人だ。
そして、何より人柄すごくいい。
苦労の積み重ねで完成された人間性。
 
自分もビジネスの中でそれだけのモノを持っているのか、ちょっと恥ずかしくなった。
お母さんから教わった「あおいくま」はものまねで大賞をとるまで人に対しての言葉だと思っていたそうだ、ところが大賞を取ってからは自分に対しての言葉なんだと気がついたそうだ。悟りを開いた境地なんだろうなぁ。
 
ある意味、ギリギリでどん底から這い上がってきた人だけが、本当の「あおいくま」の意味がわかって実行出来るものなんだろう。
 
自分も子供に何が教えられるのかな?
とことん、やり抜いてどう生きて行くのか、何を大切にして行くのかしっかり教えられるひとになりたい。
 
以下は新潮社のコロッケさんの本の紹介文だ。
是非、読んでみたい。
 
母が教えてくれたこの言葉が、どんな時も僕を支えてくれた!

「あせるな、おこるな、いばるな、くさるな、まけるな」頭の文字をとって「あおいくま」――。「人生は、この五つの言葉たい!」“貧乏暮らし”だった少年時代も、挫折ばかりで順風満帆とは程遠かった芸能生活も、笑いを絶やさず、常に前を向いてこられたのは、この母の教えがあったから。奇才・コロッケを生んだ偉大な母の物語!!
 
実はある方から紹介されて「コロッケさん腰痛持ちだからバックジョイを持って行ってあげて」と言われ、会いに行った。
突然現れた私に時間を取って下さり、商品に感動しながら説明を気持ちよく聞いてくれた。
素晴らしい人と出会えて、幸せな気持ちになれた一日だった。

小澤さんも納得

20111110 014.JPG

 

小澤征悦さんも納得!ケルトビール!
小澤さんの行きつけの丸の内のバーで他社のビールと飲み比べ。
本人も納得のおいしさとアロマ!

新規ブランドの開拓4

| コメント(2)

今回から紙芝居風に… 

これがドラゴンズ・デンという番組の投資家の方たちだ。  

20111201000524742_0001.jpgのサムネール画像20111201000553248_0001.jpgのサムネール画像

 会社はもう倒産しかけていて、妻もスーパーでパートを続け、誰からも投資されず、どん底だった。

しかし、あきらめずに全力を尽くしていた彼に神は見放さなかった。

20111201000611293_0001.jpg

そして、さらに。。。。。

20111201000626023_0001.jpg

それだけじゃない。。。。。投資してくれたお金でテスト販売ができた。

そう、それは夢でみた音楽イベントでこのワインを販売すること。。。。

20111201000643163_0001.jpg

続く。。。

 

 

新規ブランドの開拓3

そこで、社長のジェームズさんは思い切って会社を売ってしまった。

でも350万円だから大した規模の会社ではなかった。

その他1,200万借金してプラスチック・グラス入りのワインの開発を始めた。

プリンの容器みたいなものを作っても中身のワインは酸化してしまう。

酸化しないグラスに参加させない充填方法でやらなくてはいけない。

失敗に失敗が相次ぎ、だんだん資金が底をついてきた。

さらに親戚と兄弟に6,000万円借りてとことんのめり込んでいった。

しかし、思う様には行かず、奥さんはスーパーマーケットでパートを始めた。

いい思いをさせてあげようと思い切ったのに逆に奥さんには迷惑をかけてしまった。

「自分の為、自分を支えてくれる人のため」の心境だったに違いない。

この時期が一番、辛い時期だっただろう、もう会社は倒産しかけていた。

そんな時、ジェームズさんは日本でも流行っていた「マネーの虎」のイギリス版「ドラゴンズ・デン」という番組に出演する機会を得た。

私のその映像を見せてもらったが、ジェームズさんが本当にかわいそうなくらい、番組に出ていた投資家の方達からいじめられていた。

そんな、量が少なすぎてワンカップを飲む人いないだろ!とか、プラスチックカップなんてまずそうだから誰も飲まないだろ!とか販売先は決まってるのか!とか散々攻められて結局は誰も投資はしてくれなかった。

続く

ポジティブ・シンカー

 20111017 001.JPG 

アンドレ・マー はクロックスの香港・台湾のGMをやっている。アジアの中でも3~4番目に古い社員である。

今は36歳だが、20代後半から中国の工場をコントロール、倉庫の立ち上げ、そして中国全土の流通も任された。コーポレートの経営意外はすべてをこなしてきた。

台湾に生まれて、小学生のころサンフランシスコに移住、裕福な家庭に生まれながらもハングリー精神と諦めない常に挑戦する志は勉強になる。 彼のすごいところは"No"と言わないところだ、常にポジティブに前向きでどんな部署の人たちとも上手くやれる。誰からも絶大な信頼を得ている。どんな話をしてもすべてポジティブに切り替えるポジティブ・シンカーだ。

私と違うところが大きくある。

自分は大きいモノ、上の者に自分のやり方が合わなければ”No”と言ってぶつかる。そこで必ず自分のやり方を通して実績を出す。自分で自分を切羽詰まらせて追い込むのが自分のやり方。どちらが良いとか悪いとか言うことではなくて、それぞれの持ち味の活かし方や生き方の違いだと思う。要するには最後はどちらのやり方をとっても実績を出すことが大事である。

今では二人が残っているが、マー3兄弟はクロックスのアジアを引っ張ってきた、恐るべきマー兄弟、起業家のおじいちゃんから受け継いでいる教えを今度は聞いてみたい。

ご婚約おめでとう!次に会う時はTulip でフィアンセと一緒に乾杯しよう!